岐阜市・大垣市・本巣市・瑞穂市・揖斐郡の脊柱管狭窄症の改善

写真:腰痛

脊柱管狭窄症とは

非特異的腰痛(原因不明)が85%にもかかわらず、医療機関で医師から「あなたは非特異的腰痛ですね」といわれたという話は、あまり聞いたことがありません。
検査で原因がわからないときによく使われるのが、「腰痛症」「坐骨神経痛」「腰椎捻挫」などの病名です。

これは痛いという症状があることを指すのであって、痛みの原因がわかったという意味ではないのです。
これらの診断名は、あなたにかなりのプレッシャーを与えますが、必ずしも心配しすぎることはありません。

ただし、腰痛の15%は原因が特定でき、医療機関で治療すべき腰痛です。

下のセルフチェック項目にひとつでも当てはまるものがある方は、何か他の病気が隠れている場合もありますので、医療機関で受診することをおすすめします。

すぐに病院へ行くべき「腰痛」の見分け方

  1. 横になっても痛い、らくな姿勢がない。安静にしているときも疼く
  2. 鎮痛剤を1か月使用しても、がんこな痛みが改善しない
  3. 転倒や尻もちをついたあと、痛みがとれない
  4. 痛みやしびれが、お尻からひざ下まで広がる
  5. 排尿困難がある
  6. 足の脱力がある

以上のような症状がないなら、一過性の痛みかもしれません。

4,5,6は脊柱管狭窄症の可能性があります。

 

脊柱管狭窄症の原因と症状

脊椎の中には、脊柱管というパイプ状の空間があり、その中を脊髄が通っています。

骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすものです。

加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多く、椎間板ヘルニアに比べ50代以降の高齢者に多くみられます。

画像検査で脊柱管が狭くなっていても、痛みが無い場合も多くあるようです。「背中をまっすぐにしていると痛みやしびれが現れるが、前かがみになると治まる」という特徴が判断材料になります。

また、脊柱管狭窄症では、足の痛みやしびれによって長く歩けない「間欠跛行(かんけつせいはこう)」という症状がみられる場合もあります。

整形外科的治療法

保存的療法としては、コルセットの装着と、鎮痛消炎剤の投与が一般的です。

神経の血流を改善することでしびれや痛みを軽減する薬物療法、他に温熱療法、けん引などの理学療法や、神経ブロックなどの治療を併用することもあるようです。

それと並行して、脊椎周辺の筋力トレーニングやストレッチなどのリハビリテーションも行われます。

保存的療法で治療しても、神経の圧迫が進行して日常生活に支障きたしたり、筋力の低下や排泄障害といった症状が現れたりしたときは、手術による治療を検討されます。

ある病院の統計では、脊柱管狭窄症で手術が必要な人は1000人に1人と云われています。

整形外科以外の対処法

整体やマッサージなどのマニュピレーション(手技)による脊椎へのアプローチにより、筋肉の緩解や骨格の歪が正されることで脊椎の神経圧迫の改善が期待できます。
また、交感神経が抑制されることでも血管が拡張し、血液循環が改善されて痛みが軽減します。

脊柱管狭窄症のまとめ

  • まっすぐ立つと痛い、前かがみになるとラクになる
  • 間欠跛行がある
  • セルフチェックに該当する

以上の方は、まず整形外科病院で診察を受けることをおすすめします。
それ以外の方は当院をご利用になっても問題ありません、全身の活性化を実感いただけます。

施術料 4,500円 約45分

画像:電話番号

岐阜県揖斐郡大野町加納23番地3

SNSでもご購読できます。