空腹が生命力を高める

昔の人が、「腹八分目」とは、よく言ったもです。

食べ過ぎによる弊害は、養鶏場のニワトリを見ればわかります。狭いゲージに閉じ込められ、ひたすらエサを食べさせられます。

1~2年でひ弱になり、やがて卵を産まなくなるので、当然、ブロイラーとして処理されます。

ところが、進んだ養鶏場では、別の棟に移し3日間の断食をさせるのです。

1日エサを与えないと、目の色が変わってきます。日がたつにつれ元気づき、再び卵を産むようになります。

ネズミの実験でも明らかです、飽食ネズミはひ弱で寿命が短く、粗食に耐えたネズミは強い。

空腹になると全身の細胞が飢えるので、飢えた細胞が全身の不要物を消費するまでに活性化します。

カロリーの補給を止められた血管が、血管に付着した老廃脂肪を消費してエネルギー転換を始める。

すべての内臓器官でも、同じ浄化作用が進行し、組織間に溜まっていた化膿液が清掃され、全身の浄化がはじまります。

病的な細胞が破壊され、有害ウイルスを殺す白血球が活性・増加し、副腎皮質ホルモンの分泌が高まって、炎症・アレルギーの治癒が進行します。

末梢血管の「大掃除」がはじまるので、冷え症が無くなり、頭が冴えて、高い血圧が下がり始めます。

空腹に耐える時間こそが、飽食て汚れた肉体をリフレッシュするチャンスで、人間にはお腹が空いた時間が必要なのです。

身体のヒズミを正して健康になりたい方はclick

岐阜県揖斐郡大野町加納23番地3

SNSでもご購読できます。