塩は命の源

人間をふくむすべての動物の食べ物は、植物が光合成によってつくる有機物(ゆうきぶつ)が源になっています。

そして植物を食べる草食動物が肉食動物に食べられ、その肉食動物の遺骸(いがい)はバクテリアによって分解されるというように、たがいに「食べる・食べられる」食物連鎖によって最後は土にかえります。

そうしてみると、土の上に住んでいるものは全て土に返っていることが分かります。大地の土の中には、陸地にある全てのものの要素が入っているということです。

その土の中を雨水が通り抜け、いろんな養分を溶かし込んで、海へと運んでいきました。つまり、海の水には、地球上の全ての成分が溶け込んでいるということになります。

海という字は、水(サンズイのこと)に人の母と書きます。塩は、地球上のすべての成分を含んでいるのです、海が命の源だといわれる所以です。

有史依頼、日本人は海水を濃縮し煮詰めて食用塩を作ってきました。現在までに、海水の中には約八十種類の元素が確認されています。

ウランや金なども微量ながら含まれており、コバルトや銅など人体に欠かすことの出来ないミネラルは全て含まれています。因みに、人体には七十種類の元素が確認されています。

試みに、海から作られた自然塩と人間の体の元素組成を調べてみると、当然のことながらよく似ています。そもそも動物の体が塩分を含んでいるのは、よく知られた事実です。

人体の元素組成を見ると多い順に、酸素65%、炭素18%、水素10%、窒素3%で、ここまでで人体の96%を占めています。続いて順に、カルシウム、リン、イオウ、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウム、鉄、亜鉛と13番目の元素までで、実に人体の99.3%を占めています。

残りの0.7%に約60種類の元素が全部入っていることになります。このうち必須元素といって役目が解明されているのが22種類で、その他は殆ど分かっていないのが現状です。

しかしどんなに微量であっても、たとえ解明されいなくても、人体に必要なものは必要です。少しでも足りなければ、生命維持に支障をきたしてしまうはずです。

そんな人体に必要なミネラルを、海から作った自然塩は全て持っているのです。

ところが命の源ともいえる自然塩を、あろう事か私たち日本人は食べていません。

昭和47年に施行された塩田法のために、海から自由に塩を作ることが出来なくなってしまいました。(経済優先で安価な塩が必要だった)

私たちが日常食べているのは、塩化ナトリウムが99.6%以上の化学塩です。精製された純度の高い塩で、ミネラルを含まない塩なのです、これはもう塩とはいえません。

電気をかけ、塩酸や硫酸を使い、苛性ソーダで中和されたいわば石油の力で生み出された塩化ナトリウムという純粋な化合物に過ぎません。

ようやく、1997年に塩専売法が撤廃され自然塩の製造販売の自由化が認可され、旨い塩を食べ健康を取り戻すチャンスが巡ってきたのです。しかし残念ながら、このような大事なことをテレビやマスコミではあまり取り上げてくれませんでした。

またお医者さんや料理家によって広められた、減塩思想を改めるのはなかなか難しいのが現状です。おかげで国民の健康は損なわれ、莫大な医療費が使われている現状です。

今回はここまで、次回は「自然塩の働き」についてお話ししします。

SNSでもご購読できます。