岐阜市・大垣市・本巣市・揖斐郡の椎間板ヘルニアの原因と症状

椎間板ヘルニアの痛みがいつまでつづくのか悩んでいませんか?

実は、この記事を読むことできっと安心できると思います。なぜなら、椎間板ヘルニアの常識が変わってきているのです。最新の椎間板ヘルニアについてご紹介します。

画像:椎間板ヘルニア2

椎間板ヘルニアとは

腰椎に生じた椎間板ヘルニアのことです。重いものを持つなど腰に負担をかけることで発症し、腰痛や神経症状などを引き起こします。腰椎椎間板ヘルニアは、20~40歳の方が発症することが多いです。

椎間板ヘルニアでは症状の悪化を防ぐため、安静を保ったり、コルセットを着用したり、痛み止めを服用したりします。神経症状が強い場合には、手術を行うこともあります。

椎間板ヘルニアの原因

首から腰にかけて存在する背骨(脊椎)のうち腰椎は腰に位置しており、5つの椎体という大きな骨と、間に挟まれたクッションである椎間板で構成されています。

椎間板の外側は線維輪と呼ばれる組織で保護されていますが、重たい物を持ち上げるなど腰に強い負荷がかかったとき、線維輪が損傷を受けることがあります。線維輪が損傷を受けると、内部に存在する髄核が椎間板の外へ飛び出てしまいます。

腰椎部の脊柱管という空間には馬尾という神経が通って坐骨神経や大腿神経となり足先までつながっていますが、腰椎椎間板ヘルニアで髄核が外に飛び出ると、これら神経を圧迫して腰痛をはじめとする諸症状が現れるようになります。

椎間板ヘルニアは腰に負担のかかりやすい職業に就いている方などが発症しやすいといわれています。また喫煙習慣や既往症(かかっている病気)などもリスク要因となることが知られています。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの主な症状は、腰痛です。また、神経が圧迫されることによりしびれ、痛み、運動障害など神経症状が現れることもあります。

特に神経根が圧迫されることにより、下肢(足)やお尻周辺にしびれや痛みを生じることが多いです。下肢の運動神経が麻痺すると筋力が低下し、つまずきやすくなったりします。

ほかにも、排便や排尿に関連した神経が腰椎椎間板ヘルニアの影響を受けると、便や尿が出にくくなることがあります。

ヘルニアがあっても症状が出ない場合もある

椎間板ヘルニアは腰痛の原因の3%程度

最近の研究では、成人では椎間板ヘルニアを持っている人のほうが、持っていない人より多いようです。ところが、椎間板ヘルニアで腰痛を起こしている人はごく一部で、椎間板ヘルニアがあるだけでは症状は起こらないのです。

どのような場合症状が現れるのか

症状が現れるのは、椎間板ヘルニアにほかの要因が加わった場合です。

研究の結果わかった要因は、

  • 神経への圧迫の強さ
  • 仕事上の不満
  • うつ・不安・ストレス

です。このうち、うつ・不安・ストレスなどの精神的要因は、症状を長引かせ、慢性腰痛の原因にもなります。

腰痛を治す脳の働き

椎間板ヘルニアは自然に治る

一般には、知られていませんが、じつは、椎間板ヘルニアの多くは、ほうっておいても発症してから6か月前後で自然治癒することがほとんどです。

専門家の意見


ヘルニア手術の権威・医師の稲波弘彦先生(医療法人財団岩井医療財団理事長/稲波脊椎・関節病院院長)は「ヘルニアになったら必ず手術しなければならないという考えは間違いです。ヘルニアの9割は自然に消滅します。怖がらずに動きましょう」と云っています。

椎間板ヘルニアは自然に治らない場合もある

椎間板ヘルニアは圧迫される神経によって危険度が違います。椎間板ヘルニアには、馬尾型神経根型の2タイプがあり、馬尾型の方が危険度が高くなります。(両方の特徴があわさった混合型もある)

神経根型は、脊柱管を縦に通っている神経から枝分かれして左右の方向へ伸びる神経の根元部分である神経根が圧迫されている場合を指します。神経根型は腰痛や片脚の痛みなどが起こりますが、危険度は高くありません。

画像:腰椎と骨盤

画像:椎間板ヘルニア

馬尾型は脊柱管を縦に通っている神経の束で、おしりや脚全体へと伸びる神経と繋がっています。馬尾が圧迫される馬尾型の椎間板ヘルニアは危険度が高くなります。

馬尾型の場合は、放置していると尿漏れや頻尿などの排尿障害が起こります。進行すると歩行困難になって、将来寝たきりになることもあります。
脚のしびれや痛みが1週間以上続く場合は、整形外科を受診することをおすすめします。

 

椎間板ヘルニアの外科的治療

椎間板ヘルニアで痛みが激しい時には、安静にする必要があります。痛みが生じないような姿勢で安静を保つほか、コルセットなどの装具を使用します。

痛みの程度によっては湿布や鎮痛薬を使用することもあります。また、なかには神経ブロックと呼ばれる治療を行うこともあります。

上記のような保存的療法が治療の基本となる腰椎椎間板ヘルニアですが、尿失禁、尿が出ない・肛門がしびれた・麻痺が出たなど重篤な症状が見られる場合には、緊急手術を含め外科的治療が必要なこともあります。

 

病院以外の改善法

椎間板ヘルニアの整体

身体の骨格や筋肉は連動しているので、膝、骨盤、腰、背中など1つの関節の歪によって、重力の働きで増幅しながら次々と隣の関節に歪をもたらします。

関節の歪は、自然法則で元に戻そうと働くので、筋肉に緊張をもたらします。筋肉の異常な緊張が続くとき、中を走っている血管や神経も圧迫されます。

血管が圧迫されれば、末梢の組織に血液が流れにくくなり老廃物がたまり、酸素や栄養が充分にいきわたらなくなります。

これが痺れや痛みの正体です。

さらに、末端の組織も圧迫され、内臓であればその位置がずれたり圧迫されたりすることにより、その機能が充分に働かなくなります。

整体による回復までの過程

    1. 痛みや不快感、機能異常、病気など身体が歪んだ状態。
    2. 整体で歪を正す。
    3. 第1段階 痛み、不快感、こりなどの気持ち悪さが消える。
    4. 第2段階 身体の機能が回復する。
    5. 第3段階 病気の進行停止・回復がはじまる。

サーノ博士のTMSプログラム

アメリカの医師が治療経験から考案した腰痛の治療法、従来の常識であった肉体や骨格に原因があるとは限らない?詳しくはこちら

井穴刺絡

この治療法は横浜にある浅見医院の院長による井穴・刺経療法の理論を参考に応用したものです。詳しくは浅見鉄男著「21世紀の医学」をご覧下さい。
(井穴刺絡学こそ21世紀の医学である。脳並びに脊髄神経への作用により、わずらわしい検査、診断、薬服用、注射を一切用いずに診断治療及予後を決定する。21世紀の医学界に地滑り的大革命をもたらす全く新しい医学。本書の説明文より)

手足の指先のにある井穴というツボに一定の刺激を加えるだけで様々な自律神経を原因とする症状を改善できるという療法です。福田・安保両氏による「自律神経免疫療法」の原型となった治療法で、一般にも「指揉み健康法」などの名で知られています。

興味のある方は福田稔著・安保徹協力「自律神経免疫療法入門」をご覧下さい。福田先生は福田医院の院長、安保徹先生は新潟大学医学部教授です。

まとめ

      • 椎間板ヘルニアは誰でもなる可能性がある
      • 椎間板ヘルニアは放っておいても、自然に治る
      • 椎間板ヘルニアがあっても、実際に腰痛が起きるのは3%程度
      • 椎間板ヘルニアには、馬尾型と神経根型の2タイプがあり、馬尾型の方が危険度が高い
      • 椎間板ヘルニアはストレスなど精神的な原因でもなる

なぜ多くのお客様から選ばれるのか

写真:お客様と一緒

当院おすすめの腰痛改善グッズはこちら>>Click

お客様の声

腰痛がひどく、他の病院では手術しないと治らないといわれました。
手術はこわいので、どこか良い病院は無いかと探し、
たどり着いたのがこちらの整体院です。
他の病院とは違い、先生が良く話を聞いてくれて、
一生懸命に「治してあげたい」という気持ちを施術中に感じました。
おかげさまで、手術をすることなく大変よくなりました。
揖斐郡池田町 山田治子さん

画像:ご利用いただいたお客様の声

施術料 4,500円 約45分

画像:電話番号
岐阜県揖斐郡大野町加納23番地3

SNSでもご購読できます。